塗り絵

新型コロナウイルスの影響で不安な日々が続いていますね。我々の業種でも陶芸教室や展覧会など自粛・延期が相次いでいます。

元々あまり外出しないボクにとって家で制作出来る陶芸はいつも通り変わらない仕事ですが発表の機会が無くなるのは困った事です。

吹付けが終わって筆描きしているところ

そんな状況でもうちの子は元気いっぱい。家の中で工作やら塗り絵やらで毎日楽しそうです。

「パパも塗っていいよ」と塗り絵のコピーをいただいたので塗ってみました。

「パパは赤と黒とオレンジしか使っちゃダメ」と厳しい縛りと条件を付けられてしまいましたが久々にやってみたら塗り絵も楽しかったです(爪の青は交渉の末使えるようになりました)。

15年くらい前のブログにも甥っ子との塗り絵のエピソードを書いた事があります。

甥っ子がちょうど息子と同じくらいの年齢でしたかね。

2006年くらい 甥っ子と塗り絵大会

そして叔父さんの描いた大人げない塗り絵。甥っ子はちょっと引いた感じでしたかね。

うちの息子は「今日の夜は段ボールでアロサウルスを作る」と言っておりました。

皆さまも家で塗り絵、工作などいかがでしょうか。

2件のコメント

  1. こんばんは、コロナウィルスの影響で東京の藤井さんの個展に行けません。2012年の佐野市の個展を見てからファンになりました。可能でしたら、梟や川蝉や花をモチーフにしたぐい呑の在庫がありましたら、通信販売で売って頂けないでしょうか?宜しくお願い致します。

    1. 武藤様
      コメントありがとうございます。
      コロナウイルスの影響で個展の会期も1ヵ月程先延ばしとなりました。展覧会もしばらくはお客様が少ないのでは。と不安に思っております。
      小品の在庫は今のところございませんが会期が始まる頃にまたご連絡させていただきます。
      今後ともよろしくお願いいたします。
      藤井隆之

武藤英樹 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA