皿の内側を

工房で乾燥中の大皿3枚。 粗削りが終わってこの状態で乾かしています。このうち2枚は公募展用に使おうか、壺と一緒に検討中。 8割〜9割方乾燥してるようなので近く2回目の削りの予定です。 写真は葛飾の工房にいた時の削り風景。…

各公募展の巡回展

今日も高台削りをしたり、ロクロを挽いたり、昼寝をしたりと、いつもと同じような1日。 丸い鉢を作ってみたくて、オムツみたいな形に。白いからでしょうね。 そんな事を考えながら仕事をしてたら東広島市立美術館からグループ展示のパ…

大壺の粗削り

大壺の粗削りのタイミングにちょうどいい乾き具合(7〜8割程度の乾燥)になったので本日は削り作業を行いました。  底の厚みを定規を使ってチェック。2.2cmでした。  ロクロの上に直接壺を置いて削りますので滑り止めマットを…

文房具

文房具が2割引という事で、、消耗品各種買ってきました。鉛筆、インク、作品の裏に貼るシール、などなど。 生の作品の下描きには3B〜5Bの柔らかい鉛筆を使っていますが、素焼き後は3H〜Hの硬い芯の鉛筆かシャープペンシルを使っ…

乾かし中

ウチの工房は元々飲食店の店舗でしたのでお店部分と厨房があります。 陶芸で食えなくなったら菊練りを活かして蕎麦屋かパン屋さんに転身出来るかも知れません。粘土を薄く延ばす機械もあり、窯も使えるかも。ピザ屋かな? まぁ冗談は置…